所在地マップ お問い合わせ よくある質問 在宅介護についての質問 個人情報保護方針 サイトマップ 
Aug 13, 2019

昨日のコラムに対して『律儀』に答えます

令和元年8月13日

昨日のコラムで『千巻経』か『千願経』かと私の中の葛藤のように書きましたが本日朝6時からの点滴が始まって右腕を拘束されている時間帯にインターネットで「どっちやねーん」と検索してびっくりしました。と言うのも検索して出てきた一番目は当法人のホームページの2016年9月22日付けの『今日の優・悠・邑』が出てきたからです。そして、2番目に2017年9月10日の私のコラムが出てきたのにはまたまたビックリです。そして私のコラムを改めて読むと朝のご挨拶回りの時のやりとりで『千願経』か『千巻経』かについて入居者さんとのやりとりが書いてあり、入居者さんに突っ込まれながらも本心ではない正論を答えているのです。だから今でも私自身おもわず『千願経』と書いてしまうのです。

しかし、2016年の『今日の優・悠・邑』に掲載されている写真を見ると『千巻経』になっていましたので、「昨年は千願経だった」は間違いですが、頭の良い入居者さんだから間違えられたのではなくて、きっと話題提供をして下さったのか、この話題を一年間温められていたのか。どちらにしても、病院のベットの上では入居者さんとの会話も出来ないので早くに退院出来るように優等生の患者でいたいと考えています。

しかしながら、インターネットの情報システムはどのようになっているのかわかりませんが、『千巻経』と検索して出てくると言うことはたまたま何かを検索して我が法人のホームページに巡りあって下さる方もあると言うことなので今後も色々な角度から書きたいし表題の付け方は最初に明確な言葉を入れるべきだと思いました。だって検索した結果が当法人の記事だったんだから。 つまり表題は例えば前置きなどせずにズバリ『敬老週間』とか『バラ風呂』とかにすると違うところにも載せて貰えてホームページのリピーターも増えていくのかな。いやいや現在のリピーターさんから見放されない為の切磋琢磨こそ大切だと思います。私のコラムを見ていてくれている職員の皆さん入居者さん利用者さんへの切磋琢磨による『今日一日楽しかったよ』と同時に新たな職員確保の為にもホームページの更なる進化を宜しくお願いします。

✳最後は職員向け発進になったことをお詫び申し上げます。ただ、何と言ってもベットの上の籠の鳥状態での唯一の発進の場だと言うことをご理解下さい。