所在地マップ お問い合わせ よくある質問 在宅介護についての質問 個人情報保護方針 サイトマップ 

「優・悠・邑」食事委員会

入居者・利用者様一人ひとりに適した食事サービスを提供するために、食事の個別化を重視して、食形態や食事用具、食事姿勢、口腔ケアなどの内容を見直しています。職員に対しては食事介助の方法や誤嚥事故防止や事故対応の勉強会を開催し、一人ひとりの介助技術の向上にむけた取り組みを行っています。
安全で美味しいことは当然ながら、入居者・利用者様に楽しんで食べていただけるよう毎月実施しているバイキング料理、食材情報の話題作りや、おやつ作りなどを企画し、調理に参加していただくことで、食に対する地域の風習や文化に接していただきたいと思います。
幅広い職についての課題を他の委員会との連携を行い取り組んでいきます。

委員長 若園 貴宣

活動報告一覧

5月委員会報告2018-06-01

■年間計画について 変更なしで行います。 ■実施状況の確認方法について ・確認する項目について ・声掛けができ...続きを読む

平成30年度指針2018-04-01

利用者様・入居者様に楽しんで食事していただける事を目標に活動しています。毎月のバイキングももちろんですが、定期...続きを読む

3月委員会報告2018-03-21

●食事中の声かけについて 少しずつ意識するようになってきた。 まだ声が小さく、うまく声かけが行ていない。 ●4...続きを読む

2月委員会報告2018-02-28

●食事中の声かけについて 食事介助中に、声かけ。 ソフト食・ミキサー食は見ただけでは何を提供されているかわかり...続きを読む

1月委員会報告2018-01-30

( 楽しく食事をするために ) 献立表の発表・音楽をかける事を継続して行って下さい。 食事介助中に声かけを行え...続きを読む

12月委員会報告2017-12-30

食事中の雰囲気をよくするための取り組みについて 「食事中に音楽をかける」「献立表の発表」 (実施状況) 昔の音...続きを読む

記事一覧へ