所在地マップ お問い合わせ よくある質問 在宅介護についての質問 個人情報保護方針 サイトマップ 

理事長コラム

忙中閑綴りと副題にありますように、忙しい時でも,わずかな暇はあるものです。福祉のこと、介護のこと、そして生きるということについて、理事長・若山宏が思うままに綴ります。 拙著をお読みいただきましたら、是非ご意見・ご感想をお寄せください。

banner-mini

コラム 一覧

昨日『ライフ』の研修を受けて・・・2022-01-25

令和4年1月25日

今年度の介護報酬改正により導入された加算である『ライフ』の研修を全国老人福祉施設協議会の協力を得て岐阜県老人福祉施設協議会が主催して開催されました。講師の方は一人は特養部会長だったので話を聞いていて「よく勉強されているな」と思い、私自身の理解不足に反省しきりでした。それ以上に杉和会理事長である私にとって問題なのは(ライフの加算については現場サイドが頑張るべき事なので)後半に話をして頂いた楠本先生の方だったのです。

と言うのは、楠本先生はトランスファーの視察に何度か本部施設に来て頂いていて熱心に勉強されて、尚且つ、現在は和(なごみ)の施設長である吉澤施設長を伴い鹿児島県まで研修に招かれて楠本先生の施設まで行かせて頂き、びっしりと研修をさせて頂いた時も主体的に施設内の事をやられていたのを記憶していたのですが、先般このコラムで書かせて頂いたように、当法人でのトランスファーは形骸化寸前なのに、楠本先生が講義の中で「岐阜県の優・悠・邑でトランスファーを学びロボットとの融合によって介護がより効率的に出来ている。」と言われた時には、楠本先生に頭をガツンと殴られたような気分になりました。

何事もそうなんですが、思いがありその事を理解している時には頑張って継続出来るのですが、その継続の必要性が分からない者が出てくると大切な事が抜けてしまい必要性がいつの間にかどこかに行ってしまう。当法人のホームページを開くとトランスファーの動画もしっかりとのっているのに・・・。今の現状は過大なお知らせになっていると言わざるを得ない。本日も和(なごみ)の吉澤施設長と打ち合わせをして、トランスファーの再構築の為の打ち合わせをしました。先ずは、幹部職員に洗い直しの計画を提出してもらう事から始めなければいけないとの意志統一をしました。ただし、あれだけ一生懸命に出来ていたものがいつのまにか無くなっている。つまり、ベットの所に入居者さん、利用者さんの身体状況や介護の仕方が明記してあったものが忽然と消えてしまった事が不思議で吉澤施設長に確認すると全て私の怠慢だと理解しました。

と言うのは、私自身が現場に行けない状況の中で一時大学を退職された方に委ねた時期がありました。その時にベットに個人情報を提示しておくのは駄目ではないかと指摘を受けて外されてしまい、外した後の代替案が示される事なく今に至っている状況だと理解しました。委ねた先生に任せきっていたことに対して自責の念でしかありません。私がその事を理解していたら(過去には遡れないのですが)全て剥ぎ取る事はせずに個人情報だから困ることのみ削除したのに、「トランスファーが形骸化している」と感じた今、後悔しても遅い・・・。

いやいや、リピーターの皆さん。必ずや吉澤施設長の協力を得て、改めて全国に発信出来るものを構築して、職員のモチベーションも上がる形にしていきますので、その報告が出来るまで時間的猶予を下さい。

 

私が歌っているときに入居者さんの多くの方が口ずさんでくれてはる2022-01-24

令和4年1月24日

昨日は本部施設の1階と2階のお参りをさせて頂いたのですがその時のフロアの対応に大きな差があり嬉々こもごもでしたので先ずはその話から。13時30分からの予定だと思っていたのに13時35分になっても職員が呼びに来ないので1階のフロアに行ったのですが、全くお参りの態勢になっていないのでワーカー室に入って行くと二人の職員が話をしていたので「今日はお参りだよね。」と噺をするとフロアに行き誘導を始めるような状況なので、仮設の仏壇にろうそくに火を点けようとすると慌てて職員が飛んで来たので「私がするから入居者さんの対応をして」と言って仮設の仏壇を見るてお花は枯れ枯れで花びらが半分くらい落ちているような状態で・・・。

いつもは用意してある、私が頂く水もなく、お経の後にさせて貰っているカラオケも準備が出来てなくて・・・。ただし、この現象は入居者さんには関係の無い事なので、いつものようにご挨拶をしてからお経をお腹から声を出して唱えさせて頂きました。ただし、いつもと変わらないようにしたつもりですがお経を唱えた後にお話をさせて頂いたのですが正直「疲れた」と言う感じで2階に足取り重くに2階に行ったのですが2階は私が来るのを入居者さんが「今や遅し」と待ち構えている雰囲気が伝わってきて、私のテンションは一期に上がりました。2階の仮設の仏壇には綺麗な花が供えてあり、水も置いてあり、カラオケの機械もしっかりと鎮座していました。私は気分よくろうそくに火を点け、入居者さんご挨拶をしてからお経を腹の底から声を出して唱えました。

お経を皆さんと唱えた後に水を頂いていると「理事長さん歌って」との声が上がったのにますます気を良くして1曲目は外の雪景色を指しながら『雪國』を気持ちよく歌わせて貰い、「めちゃくちゃ気持ちよく歌えたので十八番(おはこ)こ『兄弟舟』を歌います。」とこれまた気持ちよく歌うと入居者さんの方から「理事長さん。お前しか愛せないを歌って」との声に「3曲目を歌わせて貰って良いの」と言いながら自分でデンモクに曲を入れていました。3曲目も楽しく歌えたので勢いを得て何も言われてないのに4曲目を自分でデンモクに入れていました。曲目は松村和子さんの『帰ってこいよ』なのですが、私はこの曲はカラオケの画面を見ずに歌えるのです。

何故ならば『帰ってこいよ』の歌詞を全く無視して、お馴染みの『3太郎』に変えているので一番は『桃から産まれた桃太郎』の繰り返しで、二番は『まさかり担いだ金太郎』で、三番は『亀に乗ってる浦島太郎』なのですが、私が気持ちよく歌わせて貰っている前の方で聞いて頂いている入居者さんが私と一緒に口ずさんで頂いているのには感激してしまいました。なにかしらイベントがある為に歌っているからなのでしょうがメッチャ嬉しくなりました。リピーターの皆さん。何事も継続するとこういう事にもなるのですね。

トランスファーを通しての他法人との連携について語ります2022-01-23

昨日のコラムでトランスファーを通しての他法人との連携についてお話するようにお約束していたので朝のお風呂に入っている状態で先ずは語りました。(書く事が決まっているのは助かります。)(ここからは今、午後6時33分に家に帰りまたまたお風呂で書きます。)前段はまったく中身のないものでしたので、ここからは具体的に語ります。

今は国の政策の一つに『法人間連携』と言うのが重要課題としてあるのですが、そのような事はまったく言われていない頃に、それぞれの法人の良さを生かした取り組みの提供をしたいと考えていて、当法人は『トランスファーの提供』と考えて他の法人からのオファーを待っていました。ただし、ただ口を開けて待っていたのでは食らいつきも少ないと考えた私は広報媒体をホームページに委ねる事にしました。そして、私は全国老人福祉施設協議会の会長から『昭和おじさん』の称号を頂いているくらいのアナログ人間なのですが、トランスファーを広く広報するのと同時に『日々進化するホームページに構築』をしたいと全面リニューアルをすることにしました。そのホームページにはイニシャルコストには五百万円をかけたのですがランニングコストには殆んどかからないもの(職員が簡単に更新できるシステム)にして貰いました。正直完成までには約半年かかりましたがその効果は絶大で今では年間アクセスが50万件を越すまでになりました。と言う事は多くの方々に指示を受けて結果的には30法人からのオファーがありました。その中で法人連携が具体的に出来た事例をお話します。

一つに目は東京都内にある法人です。この法人は本当に早くにオファーが来ました。この法人は何度も本部施設に来て頂き熱心に学んでいかれました。何度か本部施設にこられる中から自分の法人は外国人材を先駆的にしていると言われて、東京にある施設まで行かせて頂き色んな取り組みについて教えて頂きました。お互いの良さを理解し合う事の有意義せいについて理解できた典型的な事例だと思います。

山形県の法人がこられた時は、その後の様子を見にきて欲しいと言う事で何人かでお邪魔して夜の懇親会に招かれた時には松茸尽くしの料理が出てきたので「松茸がとれるのか」と聞くと地元でれるとの事で翌年には10キロの松茸をバイキング用に送って頂きました。めちゃくちゃ話題性が豐がで大好評でしたが流石に毎年と言うわけにはいきませんでしたが、『1』は『0』とは違うので松茸の時期になるといまでも話題になります。それぞれに話題になることは必ずやあります。そこでリピーターの皆さん。何事もアクションを起こす事によって物語ができると言う事を理解して頂けたら嬉しいです。

昨夜19時からの全体会でのお話をします。2022-01-22

昨日は午前も午後もリモート会議がありリモート会議が終了したのが16時で、本日は標題の通り19時から全体会があり、家に帰ってからコラムを書くとなるとかなりしんどい事になると思い、リモート会議終了後に理事長・施設長としての仕事をしながらも時間を見付けてはコラムを書いていたので、内容があっちに行ったりこっちになったりしながらも、18時30分には出来上がり、全体会前の職員研修の一貫で『コロナ感染症対策』のDVDの視聴が始まったので玄関前ホール(正式名称は『地域交流スペース』)に行きました。一度視聴したことのあるものだったのですが、改めて見た事によって再確認出来た事が多々あり、有意義でした。

本日びわこ学院大教授で当法人顧問の烏野先生はリモートでの参加でした。と言うのも大学で学生さん達の複数にオミクロンが発症して、完全リモート授業で外に出ることも禁じられているからです。と言う事はオミクロンは身近なところに来ていると言う事だと理解しました。全体会は、先般話し合った幹部会(経営戦略会議)で決まった事を北島部長がして、順次、吉田部長、五次部長、法人事務局長とそれぞれに話をして、和(なごみ)の吉澤施設長が北欧式トランスファーの再構築の話をしてくれました。

吉澤施設長は13年前に法人を代表して、デンマークに行き、北欧式トランスファーを日本に紹介して下さった(私は平成19年に初めて出会ったのですが)デンマーク在住の小島ブンゴード孝子さんの家にホームステイをしながら直接発祥の地であるデンマークで学んだ事を法人の職員全員が理解して実践出来るようにしたのです。その当時はハード面についての体制は理事長である私が、ソフト面については今の吉澤施設長が担って周知しました。この成果は私が全国老人福祉施設協議会の役員をした事もあり瞬く間に全国各地に広まり北は山形県から南は鹿児島県まで多くの法人が研修に来ました。(詳しくは明日のコラムで書きます。)

本日の話は吉澤施設長が、昨夜の全体会でズバリ「今、ベットに個人情報シートは貼ってありますか。私が最近館内を見回った限りにおいてはなかったのですが。」と言われた時には頭をガツンと叩かれたようになりました。と言うのは、13年前にはしっかりと作り全職員が徹底していたものか今は存在していないことが幹部職員の中でも意識の中に無いと言う現状。勿論、それ以上のものが出来た事によって廃止したのであれは納得するのですか、そんな代替案は出ていない。情けない話だけれども『職員の都合で無しになってしまった。』としか言いようがない。私自身、あれほど熱く語り構築してきたのに・・・。と思うと忸怩たる思いと同時に今の現状を許してしまっている私自身に対しても猛反省して、再構築の為に吉澤施設長に再構築をして貰う事を土下座をしてでも頼まなければと考えています。

北欧式トランスファーをたくさんの資金を投入してでも実施したのは、腰痛を訴える職員がいたからで、最近、外国人介護職員を中心に腰痛を訴える事が目立ってきたから。外国人介護職員は先輩職員からしっかり学ぼうとしているのだから、これは先輩が北欧式トランスファーを実践していないからと結論付けて、再構築の為に頑張りたいと思います。

リピーターの皆さん。一歩前進二歩後退からの脱却をして一歩一歩頑張っていくことを誓いますのでこれからも宜しくお願い致します。

年に1回実施している人間ドックの話をします2022-01-21

令和4年1月21日

施設の入居者さんと職員は年に1回(但し、夜勤をする職員は年に2回)岐阜総合検診センターに施設まできて頂き健康診断をして頂いているのですが、私は色々な細かい項目まで調べて頂く為にかつては1泊2日で実施して貰っていたのです。今は泊りでの人間ドックは制度上で無くなったので2日に分けて実施して頂いています。

ところが、例年だと6月頃に実施していたのですが、今年については6月から全国老施協の副会長をお受けした関係でなかなか申し込みにも行けず9月に申し込みに行ったらコロナ感染症が落ち着いてきて予約が増えたのと私の日程が合わずに「12月に何とか実施出来るかな」と考えていたので、改めて日程調整をしていて「1月でお願いします。」と言って私の日程とにらめっこしていたら調整がつかず2月も駄目で結局3月1日と4日の2日間でようやくお願いが出来て、「年度をまたぐのは流石にまずい。」と言う事でこの2日間については『万障繰り合わせ』で受診する事になっています。

昨日は盲養護老人ホーム『和』(なごみ)のお参りと全体会があり、13時30分から岐阜県老施協西濃支部の『一般社団法人』に向けた説明会が会場に岐阜県福祉会館をお借りしてリモートで行われ、引き続き同じ場所をお借りして岐阜県老施協の養護老人ホーム部会が行われて、事務局の方から「会長さんリモート会議でじっと座っているのは大変ですね。」と言われたので「今日位は大した事ないよ。重なる時は午前に1つ、午後に2つリモート会議をする事があるよ」と事務局の方に話すと事務局の方から「大変ですね。」と言われてしまいました。

本日も午前中に全国老施協常任理事会があり、午後からは園田議員の選挙の為に3団体の合同会議が行われ、しかも本日は19時から本部施設の全体会があり、目一杯の日程です。正直本日は家に帰ればお風呂に入って寝るだけ。話がかなりズレたので戻します。健康診断も含めて自分の事は最後になるのは当たり前の事とは考えていますが、その様に出来るのも今が健康であるから。でも、自己診断ではいけないので人間ドックで徹底的にして貰うのですが、まだ3月の事とは言え悪い結果が出ない事を祈ってます。但し、必ず言われますよ。「体重をかなり減らして頂かないと色んな病気の元ですよ。」と。でもね、リピーターの皆さん、毎年その様に言われて10年にになるのですが今も元気に頑張っていられる事に感謝です。

コロナ禍での2年に忸怩たる思いです2022-01-20

『3密』を避けた生活が強いられてほぼ2年の月日が流れました。前にもこのコラムでも書きましたが『家族力』、ボランティアも含めた『地域力』の協力が難しい中で『エッセンシャルワーカー』と言われる当法人の職員は入居者さんや利用者さんの為に色んな配慮をしながら頑張っていてくれているのに改めて『感謝』です。しかしながら、この2年の間に『家族等との面会についていろんな形で規制をお願いしてきました。例えば、面会の時間を15分にした時には「もっと長い時間にして貰えないか」と厳しい口調で言われた時には「私もそのようにしたいのですが出来ないんです。」と言いたいのを我慢したことが度々ありました。また、『リモート面会』にした時には、「しっかり話が通じない。」と言われたり、「久しぶりに面会をしたら私の事がわからないみたいなので認知症がひどくなったのではないか。」と言われたり、「施設としては出来るだけ頑張っているのに」と忸怩たる思いが募るばかりです。ボランティアの方々にも、2年近くご遠慮していただいた事によって、20年近くに渡って気付いてきた関係が切れたような状態になっているのは残念でなりません。また、本部施設の2大イベントである『夏祭り』と『クリスマス会』がここ2年は出来ていなくて、あんなに盛大に実施されていたイベントの事を知らない職員も増えてきて準備の大変さも入居者さんの素敵な笑顔も知らないでいるのも寂しい限りです。また、日頃お世話になっている方々に対してのお礼の意味を込めてのご招待も出来ないのも残念でなりません。クリスマス会を多くの方々と開催した最後の年(もちろん、再び開催出来る日は必ずしくるとは思いますが)に私は演歌歌手の山崎ていじと一緒に歌った時に勢い余って「来年は私が花魁の格好で歌います、踊ります。その為に明日から流し目の練習をします。」と言って、すぐさま、花魁のかつらあわせまでしたのに。それも叶わず・・・。毎年6月に実施している『供養祭』はかつてお世話させて頂いた方の家族にも来ていただき大勢で出来たものも、少人数でリモート中継しか出来ないし、9月に実施している『千巻経』は夏の四国の団参をした多くの子ども達も参加してもらったのも、少人数でリモート中継・・・。そんな中でも、職員は『密』になる所へ行かずに、それでいて入居者さんに出来るだけ多くの笑顔でいて欲しいと頑張っていてくれるので、早くにコロナの収束を見て本当に笑顔一杯の施設になるようにリピーターの皆さんも祈って下さい。蛇足的なお話ですが本日午前中に行われた盲養護老人ホーム『和』(なごみ)のお参りに引き続き行われた全体会での理事長の話の中で「入居者さん一人ひとりの方の物語が話出来るようなお世話が出来るようにして欲しい。」と話しました。本日、話した事を10年先に語ってくれる職員がたくさん出る事を祈りながら本日のコラムとします。(コロナの話から最後は随分かけ離れてしまいましたが、「いつもの事だがね。」とお許し下さい。)

改めて、関ヶ原町今須は凄い所だと思いました2022-01-19

令和4年1月19日

本日、13時30分から和合の施設で経営戦略会議(幹部会)とお参りがあり、本部施設の事務所の窓からは雪がちらついているのが見えたので「時間に余裕を持って行かないと」と思い12時に昼食を頂き12時20分に本部施設を出ました。施設の玄関を出て外気温があまりにも冷たいのに対して改めて「今須は寒い所だ」と思いながら車をスタートさせて車の温度計を確認すると『マイナス1度』と言う事で思わず「絶句です。」(お昼の時間にですよ)

国道21号線に出るまでの約2キロは時速20キロの低速運転。走り出してしばらくすると私の後ろにそれほどの間隔をおかないで『ピタッ』とついて来る車がありましたが「ここはマイペースで」と言うより「施設立ち上げ時の地元の話の中で普段は時速40キロ、雪道は20キロ以下で走る事を約束したんだから、後ろからぼわれようが約束はやくそく」と言う事で安全運転に徹しました。

タイトルの『今須は凄い』と言うのは、今須を抜けて関ヶ原の街中に入ると雪は降って無いのです。尚且つ垂井に入ると青空が見えてきて、温度を確認すると『➕3度』だったのです。「おいおい、20分も走らないのに4度も違うのかよ。」しかも、和合の駐車場に着いた段階で温度計を見ると6度を指している。と言う事は『住めば都』とは言え今須は凄い所なんだとしみじみ思った次第です。

和合での幹部会が終わり、引き続きのお参りを終えて、急激に増えたオミクロンへの配慮の為に参加者は少なかったのですが「参加者が少ない分大きな声で唱えてください。」と言うと、皆さんが本当に一生懸命に声を出してくださいました。お経も終わり和合の施設を出ようとしたところ、『寒い』(暖かいところにいたからかな)と感じて車に入り温度計を見ると5度ありました。

和合を出た時には青空が出ていたのに関ヶ原に入ると雲が厚くしぐれてきました。これまた、「流石に今須」と言う事でリピーターの皆さん。私は今、めっちゃ眠いのでこの辺でコラムとします。ごめんなさい。見直しもしませんので宜しく理解して下さい。

昨日のコラムを確認しました2022-01-18

昨日は朝から忙しく昼食も取らずに海津市での会議に出掛け、会議ではしっかりと岐阜県老人福祉施設協議会会長の立場での意見を言わせて頂き、会議終了後は海津市長さんにも盲養護老人ホームが垂井に出来た事もアピールして、その他の出席者の方々にもご挨拶をしてから急いで施設に戻りました。(ほぼ1時間で帰着時間は16時15分)

16時30分には業者さんのご挨拶を受ける事になっていたので、おやつを食べながら書類の確認をしているとお約束をしているトーカイの専務さんがおみえになり色々なお話をしていると17時になったので玄関前までお見送りをして、17時15分からの本部施設の幹部会に挑みました。幹部会が始まる前にパン1個(チョコとクリームの二色パン)とお茶を夕食代わりに食べてから幹部会が始まりました。幹部会の職員はそれぞれの立場で一生懸命に頑張っていることは百も承知しているのですが、より良い施設にすべき事をしっかりと諭すように話をさせて頂き、1時間の予定が1時間半近くになり、会議終了後に若干の打ち合わせをしてから帰宅しました。

ゆっくり、お風呂に入り夕食はすませてあるので(パン1個ですが・・・。)食卓の椅子に腰掛けてコラムを書き出したのですがテレビがついているとどうしても集中出来なくて2階の寝室に行き再びコラムを書き出したのですが、今度は朝から忙しかったにも拘らず横になったものですから眠気が襲ってきて、半分寝たような状態でコラムを書いたので、しっかりとしたコラムが書けたのかが心配で、いつものようにウォーキング終了後のお風呂に入りながら昨日のコラムを確認しました。内容はともかく、それなりの文章になっていてほっとしました。この5月には60代最後の歳になるのに、この余裕の無い生き方はある意味幸せだと思っています。

本日は10時から全国老人福祉施設協議会の総務・組織委員会がリモートであり、13時30分からは岐阜県福祉会館に行き岐阜県老人福祉施設協議会の正副会長委員長会議があるのですが、関ヶ原は朝から大雪警報が出ていて、施設内を地元の材木屋さんが3台の重機で午前4時から除雪作業をして頂いていて、午前中に5000坪ある敷地内を2回も除雪作業をしていただきました。平成10年の頃は私が孤軍奮闘で半泣き状態で除雪作業をしていたのを思い出すと、会議に出掛けれる幸せを噛み締めています。

しかしながら、今年はめっちゃ降りますね。雪が激しく降っているので、会議終了後(11時40分)に急いで昼食を頂き12時前に施設を出ました。いつもであれば1時間で充分に着くところなのですが、なんたって『雪が凄い』ので。施設を出てから二キロは時速20キロ以下の低速で走り、国道21号線に入ってからも50キロ以下のスピードで走っていたのでナビの時間が13時35分を示したので少し焦りましたがその心配は杞憂に終わりました。と言うのは、関ヶ原駅前の交差点を過ぎた頃にはカッカと降っていた雪は嘘のように無くて、13時15分には福祉会館に着きました。ちなみに、13時30分からの会議が15時30分まであり、引き続き養護老人ホームについての検討会議が急遽行われて、その後はホームページの検討を作成業者を入れて行われて、結局17時過ぎになり、福祉会館を出ると青空で若干日が長くなったように感じました。

岐阜から車を走らせて又々、関ヶ原に入ると雪が・・・。尚且つ今須に入ると雪が半端でない・・・。でもね、リピーターの皆さん。『住めば都なんですよね』

P1000316

オミクロンの感染力は凄まじい2022-01-17

令和4年1月17日

昨年12月23日に開催された全国老人福祉施設協議会主催の総務・組織委員会を「東京に集まって懇親会も含めて親しくお話をさせて貰いたい。」と担当副会長として提案した時にはオミクロンの感染はそれほどではなかったのですが、委員長が「オミクロンの広がりは凄いものがあるので、ズーム会議にすべきだ。」と言う事で、東京行きは叶わなかったのですが、今から思うには「委員長の判断は素晴らしかった。」と言わざるを得ないのですが、その愚かなる提案をしてから1ヶ月もしない内に今日のような状況を予想した方がどれだけいたのかと正直思います。

最近では身近な方に『コロナ感染症にかかった。』と言われる方があちらこちらから聞こえてくるようになり緊張感が増幅されています。岐阜県の感染者数は189人で東海3県にも近々『蔓延防止』が発表されるとか。昨年の12月から『てるてる座』のボランティアも再開して、面会も時間と人数の制限をしつつも予防接種を2回されている方は出来るようにしたのに。本日17時15分から本部の幹部会で、改めて『蔓延防止』が出たタイミングでリモート面会のみにする案内を出す事にしました。入居者さんに家族力を得られないのも、ボランティアさんの力を借りる事が出来ないのも残念でなりません。

岐阜県老人福祉施設協議会の会員施設の仲間の中でもコロナ感染者が出ているとの報告を受けました。当法人の施設においても『絶対に感染者は出ない。』と言う事を断言できるものではありません。お陰さまで今のところコロナ感染者はいない中で、コロナ感染症が出てしまって困っている施設に対しての支援を岐阜県高齢福祉課と連携をとりながら頑張っていきたいと考えています。

コロナ感染症対策を講じてきて約2年の月日が経過して未だ終息しないのに何も出来ない現実に苛立ちをおぼえながらも一日でも早い終息を祈るしかない。早くに治療薬が出回りコロナが何も恐れなくて良い時代が早くに来ることを祈りながら頑張っていきたいと考えています。

過去のコラムはコチラ